肩こりって、そもそもなんで起こるの?事前に対策摂ることで、肩こりからおさらば

肩こりに何でなるのか?どうすればよくなるのか?いろんな方が解説してますが、いまだに決定的解決には至ってないのが現状だと思います。なぜそうなのか、原因から説明してみたいと思います。

ばあちゃん
いつも、肩こりがつらかったんで良くなる方法知りたいです。
院長
なぜ凝ってくるのかわかると、対策取れると思い書いてみます。まずは読んでもらって、少しづつ実践してみましょう。

肩こりの原因

体というのは、骨と筋肉で支えられています。骨単体では、自律できずそれをバランスよく保つために筋肉がついています。もちろん、その骨を動かすためでもありますよ。理想でいえば、全体のバランスが均等にあって筋肉の衰退がなければコルことはないと考えます。

この前提を踏まえて考えると、活動量のしっかりしている子供の頃は筋肉のバランスも良くコルことはなかったと思います。そして成人した後、生活スタイルが変化し活動量が落ちカラダへの負荷が増えると、筋肉はそれ以上の負荷を受け入れたくない合図として硬く身構えた状態になります。それが、コリの一つの原因と考えます。いわゆる加齢による、廃用性委縮ですね。

もう一つは、変形姿勢のし過ぎによって骨が変形し筋肉のバランスが変わったこと。側弯症や、猫背のようなものです。

それと、精神的なストレスが考えられます。

肩こりを放っておくと、血行不良になって背中痛や腕のシビレに発展します。(神経根の症状)

肩の筋肉が硬くなりすぎると、十分に血流がいかなくなり栄養が満たされなくなってその先にある腕や背中にしびれや痛みとなって現れます。なので、しっかり筋肉をほぐしておくことをお勧めします。

ただ忘れてはいけないのが、原因を解決することも同時にしないといけないということ。それをしていなかったから、肩こりの再発でまたすぐにマッサージのお世話になっていたのだと思います。まず、その肩こりが起きた理由を知り改善させる。そして、肩の筋肉を強化・ストレッチをしてあげることが肩こりを起こしにくい体づくりにつながります。

しかし我慢しないといけないような強すぎるマッサージは、逆に筋肉を傷つけて後でかなり疲れ、防御反応でより筋肉が硬くなってしまうこともよくあることを絶対覚えていてほしいです。

肩こりと同時に、偏頭痛やストレートネック(スマホッ首)、視力低下、難聴、呼吸の脆弱、心臓機能低下などの症状になることも

肩こりを生む姿勢として代表的な、猫背ってありますよね。その姿勢をイメージしてもらうと、肺や心臓のある所を圧迫していることに気付きますか?その姿勢が、同時に呼吸や血液循環の症状も起こすわけです

これらの症状を進行させないためにも、体力を落とさない努力とトレーニングは不可欠だと理解してもらえると思います。そして、いい姿勢への意識も。

原因の一つに、ストレスと書きました。これについては、各々状況が違うと思いますが考え方を変えることが解決になるのではと思います。よく『あなた、ストレスなさそうやな~』なんて言われたりしますが、悩みのない人はいないと思います。性格も関係すると文書には書いていましたが、ストレスあってもコラない人はいます。現に私もコルといったことを、いまだに知りません。おそらく、その状況の捉え方が違うのではないかと思うのです。環境も、ストレス要因の一つでしょうし。

肩コリから、今後解放されたい方に、

そもそもみなさんが言われる肩は、解剖学でいうところの僧帽筋の上部繊維という場所です。その筋肉は、肩甲骨やうで全体を重力に反発して持ち上げています。そして、そのうでを動かすために活躍します。まずその活躍の機会を奪ってしまう行為、いわゆる肘を着く姿勢によって僧帽筋の筋力を落とす行為をやめること。

それから、その筋肉をあらためて鍛え上げて下さい。方法は、

まず、胸を張って背中を伸ばしていい姿勢をして下さい。肘は曲げたままでもいいです。真横に、水平になる位置まで上げて開いて下さい。その開いたまま、60秒数えて下さい。それを一日、3セットまずは行ってください。いろいろ言っても大変なので、かなり変化が見込める筋トレなのでまずやってみて下さい。

まとめ

最初に書いた、なぜ肩こりがとれないかの問いには今まで書いてきた
筋肉の衰え、変形して姿勢、ストレスの捉え方 などなどの原因を解決してないから取れないということです。筋肉をほぐしたり、少しの間姿勢を意識したり、少し運動してみたり。体力付けて、そしてメンタルをリラックスさせる考え方を身につける練習もしてみて下さいね。

もう一つ言っておきたいこと

医学の世界ではよく、肩がこらない中年や高齢期の方が急に凝った時は重症の可能性があります。心筋梗塞などの、心臓や肺の症状が疑われます。その際は、四の五の言わず病院で受診して下さい。

 

あなたの全力の治したいを、バックアップし続けます。
即効性を重視 背中肩 の 特化型整骨院

所:大阪市住吉区長居1-9-5 1F
電話での予約・お問い合わせ
06-7183-0111

Lineでの予約・お問い合わせ
友だち追加

※ お急ぎで来られる方は、電話先行予約をお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA