脚の浮腫み対策ってとられていますか?単純に、脚の方に水分が溜まっているわけですがスッキリさせることで軽快な毎日が送れますよ。今巷でいわれてる対策では、正直完ぺきではないと思うのです。筋力低下とか、塩分の摂りすぎとか言われますが今すぐどうにもできません。リンパマッサージすることは、スッキリしますし何より軽くなって活動しやすくなりますよ。

脚のリンパマッサージが必要と思われる方

  • デスクワークで、あまり足を動かせていない方
  • 産後で、むくみやすくなっている方
  • 最近、運動不足になっていると感じている方
  • 前の日に、アルコール飲みすぎてむくみがある方
  • 長期の入院などで、むくみやすくなっている方
  • 靴下などの、食い込み跡が気になる方
  • 久しぶりに履こうとしたブーツが、むくみでは入らなくなった方  などなど

脚がよく浮腫む(ムクむ)原因

脚の浮腫みのメカニズムは、例えばエコノミークラス症候群などで知られるように血液の流れが脚の方で渋滞して溜まってるような状態を言いますね。その原因としては、長時間のデスクワークであったり同じ姿勢の作業をされている方ハイヒールなどでの立ちっぱなしの仕事の方などが知られています。

カラダにおける水分の代表が血液ですが、心臓から脈という形で鼓動を打つことで動脈を介して全身に送られる仕組みになっています。そして、末梢にまで行った血液はその後静脈を介して心臓に帰ってきます。この一連の流れを、体循環といいます。

血行は、心臓から一番遠い脚に限っては脚の筋肉によるポンプ機能の助けがなければ戻ってきにくい仕組みになっています。先に並べた原因の行動をとることで下肢に血液がうっ滞し、その行動こそが浮腫みを起こしていると理解してもらえると思います。

脚の浮腫みに対する施術法

当院では、オイルによるリンパマッサージを施行しています。
末梢に当たる指先は、血行不良が起きやすいこともあってそこから順に中枢へうっ滞していた血液を経絡を押しながら流していきます

施術個所は、足底から膝のあたりまでの浮腫みを対象にしています。その施術が終わった後に、脚の軽さ歩きやすさ、何よりも靴を履くときに靴が大きく感じるといった特徴があります。

脚の浮腫みに対するアドバイス

カラダにおいての浮腫みは、顔にも怒ったりしますがどちらも代謝の異常といえると思います。医学的には、塩分は体に水分を蓄える性質があると言われています。ビールを飲んだときに欲しくなる塩味の食べ物を摂取した翌朝に、浮腫んでいたことってないですか?

総してのアドバイスとして、塩分の摂りすぎと脚の筋力強化は浮腫み対策にはなると思います。

日常の過ごし方

とはいっても、浮腫むことはあります。俗に、顔の浮腫みは腎臓の、脚の浮腫みは心臓の機能低下が原因といわれたりします。放っておいてもイイことなんてありません。

明日へ浮腫みを残すことで、より血行を悪くしていくより早めに対策をとったほうがいいと思います。市販の弾性ストッキングを履かれるのもいいですし、心臓より高い位置に脚を上げた状態で就寝されることも対策としては知られています。でもどちらも、ベストとは言いにくいものだと思います。

ホントの意味でのベストは、当院のような専門の施術所に相談されて明日、軽快な足取りで活躍されるのがいいと思いますよ。

 

お気軽にお問合わせください。06-7183-0111受付時間 8:00-20:00
8:00 ~12:30
14:30 ~20:00
[ 水・土 ] 午前診のみ
[ 日・祝 ] 休診
大阪市住吉区長居1-9-5

お電話予約はこちら